巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ウナギの旬が冬って知ってました?

ライター情報:ミドリ

旬は冬。「寒の土用丑の日」に脂ののったウナギを食べよう!

( 1 / 5 )

[その他の写真を見る]

ウナギを食べる日と言えば、毎年7月後半にやってくる夏の土用丑の日。しかし、以前のコネタ『冬にも「丑の日」があった』でも紹介したとおり、土用丑の日は、実は春夏秋冬それぞれの季節にある。今年の冬の土用の丑の日は、暦の関係で1月22日と2月3日の2回。まもなくこの季節がやってくるわけだが、この「寒の土用丑の日」を定着させようと取り組んでいる人たちがいるという。冬にもウナギを食べようと呼びかける『うなぎのまち岡谷の会』。昔、天然のウナギが生息していたという諏訪湖に面し、今でも消費量は全国上位にランクインするという長野県岡谷市。この街でウナギ料理を扱う事業者が一丸となり、全国に向けて情報発信しているのだ。

彼らがこの呼びかけを始めたのは、「ウナギが一番おいしい季節は冬」であるから。そう、ウナギの旬は冬なのだ。『うなぎのまち岡谷の会』会長の今野さんによると、ウナギは寒い時期を乗り越えようと脂をたくさん蓄えるため、冬にさばくと手がつやつやになるほど脂がのっていて、身もやわらかくおいしいという。そもそも夏の土用丑の日に食べる習慣は、幕末の学者・平賀源内が、夏に売れないというウナギ屋に薦めた宣伝方法が大当たりしたのが始まりと言われている。それに、ウナギは夏バテ予防に良いとされるビタミンを豊富に含んでいるため、夏に食べるのも理にかなっているのだが、ウナギ屋としては、「夏はビタミン補給で夏バテ防止、脂がのる冬は味で勝負!」(今野さん)といきたいわけだ。
関連キーワード

ライター情報: ミドリ

身近な自然、生活情報が気になる気になる。元新聞記者。好物=山、雪、ドライブ、ピアノ、おいしいお米といくら、りんご

2011年1月21日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品