巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「信濃の国」をめぐる変化や誤解について

ライター情報:田幸和歌子

信濃の国は十州に〜♪

[拡大写真]

昨年12月30日付の『信濃毎日新聞』に、驚くべき記事が載っていた。

同紙が県内小学校にアンケートを行ったもので、県歌「信濃の国」を「全校では歌わない」とする学校は、なんと87.5%!
その理由は、「長い」「内容が難しい」などのようだ。

ところで、なぜこの記事が驚きかというと……「長野県の人は、『信濃の国』を誰もが歌える」ということが、今では全国的によく知られているからだ。
『秘密のケンミンSHOW』をはじめ、テレビなどでよく取り上げられることがきっかけなのだろうが、たとえば、昨年7月30日の東京新聞においても「【TOKYO―首都圏―のわがふるさと】」において「長野(3) 県歌『信濃の国』 歌えない信州人はいない」という記事が掲載されている。
また、『新・不思議の国の信州人―すべては信濃の国から始まった』 (ワニ文庫) なんて本もあるほど。

自分自身、かつて会社員時代に、社長が長野県出身者だったことから、池袋の駅で社長と一緒に「信濃の国」を歌わされたことがあるし、友人の結婚式で「信濃の国」が流れるのを聞いたこともある。
実際、かつては「信濃の国を歌えない信州人はいな」かったのだろうけれど、実はこの衝撃的な記事が掲載される前にも、「学校ではいまあまり歌わない」ということが長野県在住の人たちの間ではすでに知られていたらしい。
たとえば、2005年頃のローカルニュースでは、「20代前半くらいから長野県の県歌である『信濃の国』が歌えるという人が少なくなっている」というニュースが報じられ、話題になっていた。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2011年1月24日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品