巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

朝の歯磨きのベストタイミングって?

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます……。

CMなどを観ていて、ときどき気になることがある。
それは、「朝の歯磨きは、起きてすぐするのか、朝食後にするのか」ということ。

自分自身は、歯磨きは基本的に毎食後にしているのだが、調べてみると、朝食のときの歯磨きだけは「食後」と「朝起きてすぐ」と、人によって意見が分かれるようだ(既出コネタもチェック)。

歯のためにはどちらが良いの? 渋谷区幡ヶ谷の坪田歯科医院・坪田泰幸院長に聞いた。
「歯を磨くことについて、『食べカスをとる』というイメージを持つ人が多いですが、本当は、歯ブラシはプラーク(歯垢)、つまり細菌のかたまりをとるためにするもの。プラークと食べカスは違うんです」

1日に歯磨きする回数は1~3回が一般的のようだが、歯科医や歯科スタッフには「毎食後と寝る前にもう一度=4回」という人も多いそうで、なかでもいちばん大事なのは「寝る直前の歯磨き」だと言う。
「寝ている間は唾液の分泌量が大きく減少しますが、唾液には殺菌作用があるため、唾液が減少すると口の中の細菌の数がどんどん増えてしまうんです。だから、寝る前に少しでも細菌の数を減らすことが大切なんですよ」
そこで気になるのが、朝の歯磨き。朝食前と後とでは、どちらが良いんでしょう?
「朝起きたときがいちばん口の中が汚れているから、起きた直後に歯磨きするのは良いことだと思います。また、食事で食べカスができるから、朝食後に磨くのも良いですよね。朝食前か朝食後かは、歯科医によっても考え方が違いますし、一概には言えません」

つまり、少し面倒くさいけど、朝起きてすぐと朝食後とどちらも歯磨きするのが理想なのだろうか。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2011年2月2日 07時00分

注目の商品