巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

小学校で習う「ローマ字」は今

ライター情報:田幸和歌子
このエントリーをはてなブックマークに追加

どちらのつづりでも、「しゃしん」「ふじさん」なのですが……。

[拡大写真]

「今日、ローマ字で『TAKE(竹)』をうっかり『take(テイク)』って読みそうになっちゃった(笑)」
小4の娘の話を聞いて、なるほどと思った。

自分たちが子どもの頃は、小学生で「ローマ字」を習い、自分や友達の名前・地名などをローマ字で書く段階を経て、中学で「英語」に出合ったものだった。
でも、今は小学生から英語を学習するようになっている(コネタ既出)。実際、挨拶やゲームが中心で、文字などは学校ではあまり扱わないようだけど、現時点で「ローマ字」を学ぶより先に、英語学習をやっている小学生も多いのではないだろうか。

ところで、英語を先に学んでしまうと、ローマ字表記に違和感を覚える子もいるだろう。また、大人になると「ローマ字学習って必要だったの?」と思うこともある。
もちろんPCなどはローマ字入力が主流であり、ローマ字表記は必要だとは思うものの、ローマ字のつづり方には訓令式やヘボン式など、様々なものがあってややこしい。
ローマ字のつづり方は、「内閣告示第一号」(昭和二十九年十二月九日)で定められているけれど、「はねる音を表わすnと次にくる母音字またはyとを切り離す必要がある場合には、nの次に’を入れる」「長音は母音字の上に ^ をつけて表わす。なお、大文字の場合は母音字を並べてもよい」などといったことは、日常で使用することがない。
さらに、ローマ字はこれまで4年生で学習していたが、新学習指導要領では3年に移動している。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2011年3月8日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品