巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

DSで地震について学ぶ

ライター情報:イチカワ

いざという時にそなえ、DSで地震について学んでみましょう。

( 1 / 4 )

[その他の写真を見る]

「震災後72時間は、行政の支援が届かない」

東日本大震災で多く耳にした「支援の遅れ」。それを覚悟しておくべきことだ、という視点で作られたニンテンドーDSのソフトが、2009年に発売されていたのを知っているだろうか?

その名も『地震DS 72時間』(2009年6月発売)。
日本初の本格的な“地震防災教育ソフト”として、平成21年度には消防庁の「消防防災機器の開発等」で優秀賞を受賞している。クイズ形式で地震防災を学べることから、小学校の授業にも導入されてきた。

“72時間”というのは、一般的に地震で生き埋めになった人が生存できる、限界の時間とされる。そしてその間、行政は人命救助を優先するため、物資などの支援が行き渡らない。このソフトは、そんな72時間を自分たちの力で生き抜いてもらうために、開発された。

ただし今回の震災では、支援が始まるまで72時間どころじゃ済まない地域が多かった。そこで、ソフトを開発した株式会社イオタに、今改めて考える「72時間」の意味合いについて聞いた。

「“72時間”という数字は、行政の支援までに“かなりの時間がかかる”という意味合いで、とらえて頂ければと思います。このソフトをきっかけに、行政の支援だけに頼らない地震への備えを、進めて頂けるとうれしく思います」

ゲーム内で出されるクイズとしては、例えばこんな問題が収録されている。

Q. 避難所での食事は、どのように配給されますか?
A. 人数分を確保するまで配られない

Q. 明朝10時から、近くの学校で救援物資の配布と炊き出しが行われると連絡があり、隣近所にも伝えなければなりません。

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2011年4月15日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品