巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

災害時に強い「公衆電話」、故障を見つけたら?

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの家の近所の公衆電話は、使えてますか?(写真はイメージです)

[拡大写真]

「災害時には公衆電話が最も通じやすい」ということから、今回の震災で公衆電話に大行列ができたことが報じられていた。

新潟県中越地震(04年)の発生の際には、公衆電話が減少していたため被災住民に不便となったことや、岩手・宮城内陸地震(08年)の際に公衆電話が最も通じやすかったことが、過去には報道されていた。

公衆電話が災害時に強いのは、NTTが設置する公衆電話が「優先電話」と同様の扱いとなっているため(総務省HPより)。
だが、携帯電話の普及などで、近年は公衆電話が減少しているのは、皮肉な話だ。
2010年3月末時点で公衆電話総数は28万3161台。2000年3月末時点の73万5812台と比べると、3分の1強に減少してしまっている。

さらに、公衆電話が「故障」しているケースもけっこうある。
都内に住む我が家では、小学生の娘にテレホンカードを持たせ、習い事の終了時などに電話をさせていたのだが、周囲のコンビニ前や公園などの複数個所の公衆電話が故障中だったことから、先生や友達の携帯から連絡をもらった……ということが何度かあった。硬貨を持たせるようにしても、やはり「故障中」で使えないものもあった。
ちなみに、小学校に設置されている公衆電話もしばらく故障したままで、事務担当者に伝えたところ、「PTAからの寄贈品なので、PTA会長にでも修理を交渉して下さい」という回答が。
公衆電話って、そもそも故障したら修理してもらえるものじゃないの? 点検などはどうしているの? NTT東日本・公衆電話担当者に聞いてみた。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2011年4月19日 00時00分

注目の商品