巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

氷で作るビールジョッキ

このエントリーをはてなブックマークに追加

夢にまで見た“氷のビアジョッキ”。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

夢にまで見たものが現実になると嬉しい。記憶に新しいのが、ギャートルズの分厚い肉。「あったらいいな!」が形になった。

そして、今回のコレにも同種の感動が。有限会社エハラが製作した『これぞ本物! 氷のビアジョッキ』は、どういうジョッキだと思う? 想像していただきたい、きっとイメージそのままだから。
これは、グラスの部分が氷でできたビールジョッキを製作するキット。ビールはキンキンに冷えるし、その雰囲気に我々労働者はメロメロになってしまいそう!

聞くのも野暮なのだが、このビールジョッキを開発したキッカケを同社に伺ってみた。
「夏場に、冷えたビールをより冷たくして美味しく飲みたいと考えたんです」(同社・開発者の梶田さん)

作り方は、至ってシンプル。製氷容器の口一杯まで水道水を注ぎこみ、冷凍庫で時間をかけてゆっくり凍らせる。それに専用のジョッキ持ち手を装着すれば、“氷のビアジョッキ”は完成!

これは、タマらない。そして、飲みたい。もう我慢できないので、同社に伺って実際に“氷のビアジョッキ”でビールを飲ませていただきました。
到着すると、すでに用意されていた5つのパーツ(ジョッキリング、ジョッキ底部、シリコンブタ、製氷容器、ジョッキ持ち手)。これらを用いると、氷でビールジョッキが作れる。

その際に、注意点が1つ。
「冷凍庫に水を入れておけば、普通に氷はできるものだと思っていました。しかし、透明な氷を作るには、水を1度熱湯にしてそれを冷やすのがコツだったんです」(梶田さん)
また、市販のミネラルウォーターよりも水道水で作った方が、氷は透き通った状態で出来上がるとのこと。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2011年5月21日 10時00分

注目の商品