巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

海外のチャイナタウンと横浜中華街が違うワケ

ライター情報:古屋江美子

このエントリーをはてなブックマークに追加

トロントのチャイナタウン。日本の中華街とはまた違うムード。

[拡大写真]

ニューヨーク、バンクーバー、ロンドン、シンガポール、シドニー……などなど、世界各地に数えきれないほどあるチャイナタウン。漢字の看板があふれ、アジアの香りが漂うチャイナタウンは、エスニックムード満点。海外にいて、さらなる異国情緒を味わえる場所だ。

日本にも横浜をはじめ、いくつか中華街があるが、海外のチャイナタウンとはだいぶ雰囲気が違う。ひとことでいうなら、非常に観光地化・繁華街化しているのだ。もちろん、海外のチャイナタウンも観光スポットとしてガイドブックなどに紹介されているが、現地の中国系住民の生活の場という雰囲気が色濃いところが多い。

一方、日本の横浜中華街などは、日本語で呼び込みをする店員もいるし、料理も日本人の口に合うものが多い。日本語が通じずに困ることなどなく、それでいて、ちゃんと中国的な非日常ムードも楽しめる。

なぜ、これほど違うのか? そのナゾを解き明かしてくれた本が、『なぜ、横浜中華街に人が集まるのか』(祥伝社新書)。作者は横浜中華街の老舗料理店「萬珍樓」代表の林兼正氏だ。

理由はシンプルだった。本のなかで林氏は、「世界の中華街は中国人のため、横浜中華街は日本人のため」と書いているが、たしかにその通り。実は、横浜中華街では、戦後の焼け野原からの復興の際に、「同郷の人々のための商売でなく、日本人相手の商売をすること」に決めたのだという。

そこに暮らす中国人にとって、中華街は大事な土地であり、故郷である。
関連キーワード

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2011年6月16日 08時00分

注目の商品