巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

日本野鳥の会のあの人に直接電話で質問できるってホント?

ライター情報:ミドリ

なんでも教えてくれる安西さん(日本野鳥の会)

[拡大写真]

学校は夏休み真っただ中。キャンプに海水浴、昆虫採集など、自然に触れる機会が多い子どもたちから、「なぜ?」「どうして?」の質問攻めにあい、お手上げ状態のお父さんお母さんもいるだろう。また、夏休みも後半に入り、自由研究にはまったく手をつけていないわが子の様子に、ハラハラしている親御さんもいるかもしれない。そんな親子に救世主登場? 日本野鳥の会による『鳥のこと自然のことecoのこと、子どもなんでも電話でQ!!』(8月23日~25日開催)は、子どもたちが自然について疑問に思っていることを、専門家に直接電話で質問できるチャンスだ。

この企画は、日本野鳥の会が子どもたちの自然への興味を拡大させ、問題を解決する力を育んでもらおうと、今年初めて開催するもの。8月23、24、25日の3日間、小中学生計30人(各日10人)から電話で質問を受け付ける。質問内容は鳥に限らず、虫や森、エコなど、自然に関することなら何でもOK。物知り博士の安西英明さん(日本野鳥の会理事・主席研究員)がズバリ答えてくれる。

安西さんは、野鳥図鑑『新・山野の鳥』『新・水辺の鳥』(日本野鳥の会刊)の解説をはじめ、数多くの本や連載を執筆している鳥博士とも言うべきお方。野鳥や自然観察、環境教育などに携わり、「全国こども電話相談室」(TBSラジオ)や、「こども科学相談室」(NHKラジオ)で解説していた経験もある。私も安西さんに質問の機会をもらい、ずっと気になっていた疑問「渡り鳥はどのくらいの時間飛び続けることができるのか」を聞いてみた。
関連キーワード

ライター情報: ミドリ

身近な自然、生活情報が気になる気になる。元新聞記者。好物=山、雪、ドライブ、ピアノ、おいしいお米といくら、りんご

2011年8月12日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品