巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

爬虫類を見ながらくつろげるカフェ

リクガメの“放し飼いエリア”。

[拡大写真]

ペットを飼いたくても飼えない人は多いのではないか。皆、色々な事情があると思う。賃貸マンションに住んでいるから。同居人が嫌がるから。仕事が不規則なため、ちゃんと餌を与えられないから。
そんな場合、たとえば猫好きな方は猫カフェに行けばいいと思う。猫と共にまったりと過ごす至福のひととき。

そして、爬虫類好きな方はここだ。7月4日、横浜にオープンした「横浜亜熱帯茶館」は、エキゾチックな爬虫類とまったりできる“爬虫類カフェ”。店内には11種、約30匹の爬虫類が、“爬虫類愛好家”の来店を待ちわびている。

これは、インパクトがありそうだ。早速、お店に遊びに行ってきました! すると、店内の四方八方にはカメ、トカゲ、イモリ、ヤモリ等が所狭しと生活している。これは、爬虫類好きにはタマらないだろうな……。

ところで、このようなカフェを開店した理由は? 店長の長野さんに話を伺った。
「昔から動物が好きだったんですが、5年前にギリシャリクガメを飼ったのをきっかけに爬虫類に惹かれていったんです」
長野さん曰く、爬虫類の魅力は「見た目の綺麗さ、面白さ」。ヘビの模様は千差万別で綺麗なものが多いそう。また、カメの甲羅は同じように見えて色もそれぞれ微妙に違っており、知れば知るほど面白いという。

そこで、私も店内の爬虫類たちを観察させていただきました。
まず、パッと目に入ったのはヘビみたいに首の長いカメ。これは「ギザミネヘビクビガメ」というカメで、甲羅に入らないほどの長さの首を伸ばしたり折り畳んだりしながら、水槽の中をスイス~イと泳いでいる。こんなカメは、初めて見た……。

その隣の水槽にいるのは、たくさんのイモリ。これは「シリケンイモリ」というそうで、水槽の中をユーモラスに動き回っている。時には息継ぎのように水上に頭をポッと出したり、バランスをとるように体を斜めにしながら海底に潜っていく様子とか、ずっと見ていても飽きないのだ。

ただ、一番のウリは店内の奥に展開されている“放し飼いエリア”。

関連写真

ヘビみたいに首が長いカメ。

水面に顔を出す「シリケンイモリ」。

関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。
好物=局アナ、篠田麻里子

Twitter:@T_joujouka
Facebook:寺西ジャジューカ

2011年8月13日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品