巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

シリコン製の食器、そのメリットとは

ライター情報:羽石竜示

『シリコンカップ ルプルン』(アーネスト)。色はクリアホワイト、クリアピンクの2種類。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

料理をしていると、いつも気になるのがどの食器に盛り付けるかだ。食器の形、大きさ、デザインと料理をマッチさせようと思うから。そんなことを日々気にしているとき、かなり珍しい食器を見つけた。それは、なんとシリコン製! さて、いったい何を目的にこのような食器『シリコンカップ ルプルン』を開発したのか。メーカーのアーネストさんに聞いてみた。

この食器、おもにヨーグルトやアイスクリーム、スープなどを盛るのに適したものであるという。その柔らかい容器の表面のおかげでスプーンとうまくフィットするため、食材をかき集めやすいのだ。つまり、底や角の部分にヨーグルトやアイスが残らず、全部おいしく食べられるというわけ。さらに、ガラスに比べ約2倍熱が伝わりにくいので、アイスの冷たさがその分長持ちし、また、スープなど熱いものを入れても、表面があまり熱くならないなどのメリットもある。

――開発のきっかけは。
「当社では朝礼で社員のスピーチを行っています。その中でたまたま、朝食にヨーグルトを毎朝食べるという社員がいました。そこで、その食生活にマッチした商品を提案することを考えたのがきっかけです」

――シリコンのスプーンとの差別化は。
「確かに、キレイにかき集めやすいという機能を持った製品にはシリコン製スプーンがすでにあります。が、『ゴム状のものを口に入れるのは抵抗がある』『強度を高めるため芯材を入れると肉厚になり、口に入れたときに違和感がある』といった問題点があります」
「なので、食器側を柔軟性のあるシリコーンゴムにすることでステンレス製のスプーンを使用してもシリコン製スプーンと同じ効果を発揮でき、さらに、ガラスに比べ約2倍熱が伝わりにくいという特性を保冷効果としても活かせるのです」

――シリコン素材および容器の形で工夫した点は。

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2011年9月29日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品