巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

高校野球、決勝戦は大差になりがちなのはなぜ?

ライター情報:太田サトル

白球が様々なドラマを見せてくれます。

[拡大写真]

10月1日から山口県で開催される国体。2日からは公開競技の高等学校野球がスタートする。
夏の甲子園で圧倒的な強さを見せつけ10年ぶり2回目の優勝を飾った西東京代表の日大三高も出場する。

少し前の話になるが、夏の甲子園では、決勝の対戦相手・青森代表の光星学院も十分に強豪チームだった気がするが、終わってみれば11-0という大差がついていた。

そういえば、昨年2010年の決勝戦も、<興南 13-1 東海大相模>と、10点差以上。2008年も、<大阪桐蔭 17-0 常葉菊川>、99年には<桐生第一 14-1 岡山理大付>、82年<池田 12-2 広島商>など、決勝戦は意外なほど10点以上の大差がつく試合結果になることが多い気がする。
春のセンバツ大会の決勝をみてみても、2006年<横浜 21-0 清峰>、2003年<広陵 15-3 横浜>など夏同様に大差のつく決勝戦であることは多い。

ともに激戦を勝ち進んできたチーム同士で臨む決勝戦。どうしてそれがワンサイドゲームになりがちなんだろうか。長年高校野球を取材する記者に聞いてみた。
「決勝で点差が開く理由は、大きくは2つあると思います。ひとつめは、やっぱりエースが力尽きてしまうということが多いですね。もうひとつが、組み合わせなどの理由で、単純に力の差が合った場合です」

日程が進んでくると、どうしても連投になってしまうため、特に投手に負担がかかることになる。
「2008年の常葉菊川の時は、エースの戸狩が肘を痛めて決勝では投げられる状態でなかったのが一番の原因ですね。
関連キーワード

ライター情報: 太田サトル

学生時代からそのままフリーライター業。雑誌中心に執筆、ときどき編集。 好物=ガンプラ、パンクロック、ラーメン

2011年10月1日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品