巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「ジャニーズ系」という言葉について考える

ライター情報:田幸和歌子
このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャニーズといえばローラー、という人も多いかと思います(写真はイメージです)。

[拡大写真]

先日、平均年齢14.2歳のジャニーズ史上最年少グループ「Sexy Zone」がデビューすると報じられ、話題となった。

「久しぶりの正統派ジャニーズ」なんて声も多いが、ところで、よく聞く「ジャニーズ系」という言葉って、一般的にどんな意味で使われるのだろうか。

「ジャニーズ系=ジャニーズ事務所にいそう」として、「イケメン」程度の広い意味で使う人もけっこういるだろう。だが、近年は、「ライダーや戦隊出身者のほうがイケメン」なんて声もあるし……。

調べてみると、友人・知人、ネット上の声で挙がっていたのは、以下のような条件だった。
目鼻立ちがはっきりした美少年/中性的/正統派の美形/二重まぶたで目がキラキラ/爽やか/小柄で可愛い系などなど……。

だが、思えば、自分が子どもの頃などは、「ジャニーズ」といえば「バック転ができる」「運動神経が良い」イメージだった気がするけれど……。
そもそもこの言葉、いつ頃からどんなふうに使われてきたのだろうか。

「たのきんトリオや、シブがき隊の頃には、『ジャニーズ系』という言葉はなかったように思います。少年隊の頃は、『しょうゆ顔』『ソース顔』まっさかりで、東山紀之が『しょうゆ顔』代表と言われていましたし(1988年流行語大賞大衆賞)。光GENJIあたりからでは?」(ジャニーズに詳しいライター)

さらに、ジャニーズに詳しい編集者は、以下の推論を挙げてくれた。
「少年隊あたりまではそれぞれのグループが人気という認識はあっても『ジャニーズ』だからカッコいい、という認識が一般的にはなかったんじゃないでしょうか」
「この人はこの事務所で、ダレと一緒で」と意識することは、一般的にはあまりない人が多いもの。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2011年10月11日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品