巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

名物P・ズラサン、「ニコ動で復活」の道のり

ライター情報:羽石竜示

インターネット生トーク番組「ニコジョッキー」のプロデューサーにしてMCも務める神戸敏行氏(コンテンツタワー代表)。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

オードリー、スザンヌ、鳥居みゆきといった大スターを生み出した伝説のインターネット生放送無料トーク番組『ギャオジョッキー』が2009年8月末で突如終了。それとともに、同番組のプロデューサーであり、しばしば番組内でMCとして出演していた人気者、「ズラサン」の愛称で知られる神戸敏行氏も姿を消した。それが今年7月、ニコニコチャンネルのバラエティページで、ギャオジョッキーの当時のスタッフが中心となって制作する生番組『ニコジョッキー』として生まれ変わり再スタート。その中で、神戸氏がまたMCとしてマイクを取っている。いったいこれまでに何が起り、どのような経緯で復活を遂げたのか、取材してみた。

実は今から3年前、「ギャオの名物P・ズラサンが番組に出演するワケ」でギャオジョッキーと神戸氏を紹介した。そのときは、番組制作会社電子公園の社長として、プロデューサーとして、またMCとして意気揚々としていた。ところが、ギャオジョッキー終了のあと、消息不明、激やせしたなど「いったいズラサンはどうしたのか」という噂話がタレントの会話の中で飛び交うようになったのだ。
「あのときは本当にしんどかった」
と本人は回想する。何があったのか。

「ギャオジョッキーが終わってしまったあと、緊張の糸がプッツリ切れたような感じになり、コンテンツづくりの意欲が萎えてしまいました」
さらに、ギャオジョッキー終了のショックに追い討ちをかけるように、電子公園共同経営者との経営スタンスの相違が生じ、2010年8月末で同社代表を退任した。
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2011年11月1日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品