巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ウインカーが付いた通勤自転車

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライトを光らせ、安全運転。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

車の免許を取得してから、初めてわかったことかもしれない。自転車の無灯火が、本当に危ない。夜中の曲がり角から急に飛び出してくる自転車。信号無視をする明け方の自転車。不意に現れるから、パニクったこともしばしばで。
もう言うまでもないと思うが、ライトは見通しを良くするためだけのものではない。相手に自分の存在を知らせるためのものでもある。

ということは、ここまでやってもらった方がいいかもしれない。ピープル株式会社が10月11日より発売している『Gentle Gear ペダル・アヘッド』は、“ウインカー付きの通勤自転車”。
左手のグリップにボタンが付いており、これらを押していくとウインカーやテールランプを光らすことができるというのだ。

これぞ、ありそうで無かったアイテム。でも、ここまでする必要ってあるのだろうか……? 同社に、この自転車を開発したきっかけを伺ってみた。
「私自身、毎日10キロの自転車通勤をしているのですが、3年くらい前から5~10キロの自転車通勤をする方が増えてきたんです。そして人が増えていくにつれ、ルールを守れない人も増えてきました」(同社・担当者)

初心者がスピードの出る高性能なスポーツレース用自転車を、ルールや心構えなしで乗っている状況があるようなのだ。例えば、歩道を物凄いスピードで走り抜けたり、はたまた逆走してしまったり……。
「自転車で人を轢いてしまい、死亡事故が起こるケースもあるようです」(担当者)
そんな状況を憂い、安全面を考慮して開発された自転車である。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2011年10月28日 10時00分

注目の商品