巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

“いい声”は、どんな時に得をする?

自分の声に自信がある人は、全体のわずか26.6%。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

仕事柄、取材時にICレコーダーで録音した自分の声を聞き返すことが多い。はっきり言って、ロクな声をしていないのだ。落ち着きがないというか、ガキっぽいというか、癒されないというか……。それどころか、キンキンしてる。自分が女性だったら、絶対にグッとこない。
ただ、周囲に聞くと自分の声に自信を持っている人は少数派らしく。みんな、“いい声”を望んではいるだろうけども。

そして、ここに面白いデータを発見! 『健康のど飴シリーズ』を販売するカンロが、同シリーズ30周年を記念して「声に関する調査」(20~50代の男女各100人、計800人を対象)を実施したのだ。この調査によって浮かび上がった事実がなかなかに興味深いので、皆さんにご紹介したいと思います。

まずはじめに、「声がいいと得することがあると思いますか」という質問。これについては、全体の87.9%の人が「そう思う」(「とてもそう思う」が32.4%、「ややそう思う」が55.5%)と回答している。男女別でみると、特に女性は91.8%の人が得と考えているようだ(「とてもそう思う」が33.0%、「ややそう思う」が58.8%)。女性とのコミュニケーションでは、やはり声が大きく作用するのだな……。

続いて、「声がいい人は仕事ができそうな印象がありますか?」という具体的な問いかけも行われた。結果、「そう思う」と回答した方は71.5%(「とてもそう思う」が19.8%、「ややそう思う」が51.7%)にものぼった模様。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2011年11月17日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品