巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

水戸黄門は明治の着こなし!? 帯の秘密

ライター情報:加藤亨延

このエントリーをはてなブックマークに追加

帯の値段も素材によりピンキリ。なかにはため息の出るようなものも!

[拡大写真]

着物を着る際に、切っても切れない関係にある帯。選び方一つで着物の印象もガラリと変わる。帯は着物の付属品のようなイメージがあるが、じつはとても大切なのだ。
そこで、以前男性向けの着物について取り上げたが(既出コネタ)、今度は帯について専門店「帯や」で聞いてきた。帯が今のようになったのは、いつ頃からですか?
「安土桃山時代までは、帯といえば幅はなく細長いものでした。それが江戸時代中期に入ると革新的な変化を遂げます。歌舞伎がファッションリーダーとしての役割を持ち、衣装の影響から帯も幅の広い、女性らしさを表現したものとなったのです」

幅が細いということは、帯の結び方も今より簡単だったのだろうか。
「そうですね。帯の幅が広くなったことで、一人で結ぶことが難しくなりました。結果、着付師という職業が生まれました。当初、帯の結び方は前後左右どこでもよく決まりはありませんでしたが、未婚者は背中、既婚者は前で結ぶように定着したのもこの頃です。また、お太鼓結び、帯揚げ、帯締め等、現在でも知られている結び方は、江戸の深川で営んでいた辰巳芸者たちによって広められたものなんですよ」

例えば、ウナギのさばき方が関東と関西で違うように、帯の扱い方も地域によって変わるのだろうか? 
「江戸と上方では帯を巻く方向が違います。関東巻きは右から左へ、関西巻きは左から右へ巻きます」

ということは、遠山の金さんや暴れん坊将軍は、江戸住まいなので、右から巻いているわけか! 
「帯の知識を持つと時代劇の見方も変わります。
関連キーワード

ライター情報: 加藤亨延

主に週刊誌・月刊誌で海外事情を執筆。取材等での渡航国数は約60カ国。比較文化/旅行が、ど真ん中ストライク。ときどき社会/政治。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2011年11月30日 10時00分

注目の商品