巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

神社の参道、真ん中を歩くと罰が当たる!?

ライター情報:古屋江美子
このエントリーをはてなブックマークに追加

三が日など参道の真ん中が避けられない状況も!

[拡大写真]

正月は神社に初詣に行く人も多いだろう。ところで、神社の参拝ルールのひとつとしてよく聞くのが「参道の真ん中は歩かないほうがよい」というもの。参道の真ん中は正中(せいちゅう)と呼ばれ、神様の通り道とされているからだ。

とはいえ、有名神社の三が日など、押し合い圧し合いの大混雑。真ん中を歩かざるをえないこともある。もし絶対に歩いたり、踏んだりしてはいけないのであれば、ロープを張るなどして神社側が立ち入り禁止にしていてもおかしくないはずだが……。参拝客としてはどの程度気にすべきなのだろうか? 

そこで全国各地の神社に問い合わせてみた。結論からいうと、どうやらそこまで気にしなくてもいいようだ。神社によって多少ニュアンスの違いはあったが、
「絶対に通っていけないわけではないが、聖なる場所なのでなるべくなら避けたほうがよい」
というのがおおよその回答。都内のある神社の方いわく、
「人の前を横切るときは少し頭を下げますよね。それと同じ感覚で、正中を横切るときは立ち止まって軽くお辞儀をするとよいと思います」
参道の先には神様がいる。そのことを意識すれば、自然と真ん中を避けようという気持ちになるかもしれない。

一方で、まったく気にしなくてもよいという神社もあった。
「本殿のなかはともかく、参道では意識する必要はありません。神様の通り道といいますが、基本的に神様はウロウロ歩き回るわけではないので……」
そういわれれば、なるほどという気もする。
関連キーワード

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2012年1月1日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品