巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「妖怪人間ベム」作詞者は誰か知っている?

ライター情報:田幸和歌子
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日もベム・ベラ・ベロが、みんなの街の平和を守っています(?)。

[拡大写真]

12月24日放送分最終回を好評で終えたドラマ『妖怪人間ベム』。

その素晴らしさの1つには、アニメ版の有名な主題歌の歌詞があると思う。

「♪ひとにすがた〜をみせられぬっ、けもののぉようなこ〜のか〜らだっ」
「♪はやく人間にっなりた〜い!」

どこかコミカルに悲哀を描くことで、かえって悲しさが増す見事な歌詞だが、いったい誰が書いたのだろうと、改めてふと思った。

調べてみると、作詞のクレジットは個人ではなく、「第一企画(株)」とある。
第一企画と旭通信社の合併したアサツーディ・ケイに、作詞当時の状況などを聞くべく、問い合わせたところ、こんな答えが……。
「作った人間はもう会社にいないので、すぐにお答えできません。個人が特定されるものではなく、当時はスタッフみんなが作っていたといわれていますが、そのこと自体をお話するつもりもありません」

ちなみに、個人でなく会社名が作詞のクレジットに入っている例は、他にも多数あるよう。
調べてみたところ、確かに、昔の有名なアニメソングで会社名義の歌詞となっているものは、意外なほど多い。一例を挙げてみよう。

・アタックNo.1/バン・ボ・ボン
・エースをねらえ!
・天才バカボン
・オバケのQ太郎
・ルパンIII世主題歌II
・ガンバの冒険/ガンバの唄
・侍ジャイアンツ
(以上、東京ムービー企画部)
・カムヒア! ダイターン3
(日本サンライズ企画室)

そういえば、仮面ライダーシリーズや、「コンバトラーVのテーマ」などでよく見かける「八手三郎」は、個人ではなく、東映映像本部テレビプロデューサーの共同ペンネームだということは、有名な話。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2011年12月30日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品