巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ウルトラCの“C”とはいったい何?

ウルトラCとウルトラマンは特に関係ありません。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

筆者調べによりますと、ウルトラCの“C”とは、体操競技における難易度を表すA~Cのうち、最も難しい“C難度”の“C”のようです。そこから、ウルトラCとは、「大逆転を狙うべく繰り出す、最高難度のとんでもない大ワザ」という意味で使われているらしいですよ。

このように、冒頭で答を出してしまうと、以降の文章を読者の皆様に読んでいただけない可能性が高まりますよね。書き手としては、構成大失敗かもしれません。でもですね、読者の皆様。貴重なお時間を頂戴して読んでいただくわけですから、なるべくスピーディーに、記事中で言いたいことをお伝えした方が良いかと思ったのです。冒頭をお読みいただくだけでも内容をご理解いただける、今回のコネタ。お急ぎの方は、ここでの読了も可能となります。

では、(構成に失敗した)筆者が、なぜ「ウルトラCの“C”とはいったい何?」と思いましたかというと……。

筆者は仕事柄、言葉に対して普段から敏感な方だと自覚している。現在30代の筆者が、若い人たちが使うような言葉を会話に用いることはないものの、いま、若い人たちがどんな言葉を使っているかに関しては、日頃から気にしているつもりだ。同じように、少し前までは一般的に使われていたのに、いつの間にか消えていった「死語」に関しても注意を払うようにしている。

そんな死語をやたらと使う、“死語使い”が筆者の知人にいる。あえて死語を使っているのか、それとも無意識に使っているのかはわからないが、その知人と話していると必ず2~3回は死語が出てくるのだ。

「カップル」を「アベック」と呼ぶのは、まあ、まだかわいい類の死語かもしれない。東京出身の男の子のことを「シティボーイ」と呼んだかと思えば、「冗談はよしこさん」などと、耳を疑うような死語を口にしたり。JR線を「E電(イーでん)」と呼んだかと思えば、筆者のことを「●●(←筆者の苗字)選手」と呼んでみたり。「待って」を「タンマ」、「退散する」を「ドロンする」、「快晴」を「ピーカン」……。
関連キーワード

ライター情報: 木村吉貴/studio woofoo

木村文章店店主。鎌倉を拠点にライター・コピーライター・作家として活動中。「パパも(ママと同様に)おなかに赤ちゃんいるの?」と2歳の娘に問われる、わがままボディの持ち主。あごヒゲは黒と茶色のハーフ&ハーフ。
サイト:studio woofoo

2012年1月16日 10時00分

注目の商品