巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

山梨県民の懐かしの味が再来! 「青春のとまと焼きそば」

ライター情報:古屋江美子

このエントリーをはてなブックマークに追加

懐かしのミート焼きそば、再来!

[拡大写真]

「これを食べると青春時代を思い出す!」。そんな思い出フードが誰しもひとつやふたつあるのでは。

私の地元山梨なら、「ミート焼きそば」がその一例。40代くらいの山梨県民なら、懐かしさに思わず目を細める人も多いだろう。

ミート焼きそばとは、その名のとおりソース焼きそばにミートソースをかけたもの。40年ほど前、山梨県を中心に店舗を展開していたケーキ販売店の喫茶コーナーのメニューにあったもので、当時はソフトクリームとセットになった「ヤングセット」が大人気だった。

そんな山梨県民の青春の味が、4年前にB級グルメ「青春のとまと焼きそば」として帰ってきた。メニューを開発したのは、山梨県の中央市商工会青年部。実は中央市は年間3,450トンを生産する県下ナンバーワンのトマト生産地。だが、全国的な知名度はまだまだ低いため、その存在を広く知ってもらおうと同青年部が「トマトでまちづくり10年計画」という事業を始動。その看板メニューとして生まれたのが「青春のとまと焼きそば」なのだ。

私自身、リアルタイムでメニューを楽しんだ世代ではないが、先月県内でおこなわれたご当地グルメイベントで初めてその味を体験。中太麺の焼きそばとトマトソースの意外なほどの相性のよさに驚いた。ソースの味が控えめなせいかクドさはまったくなく、懐かしいようでどこか新しさもある独特の風味が後を引く。味の決め手はやはりトマトソース。たっぷりの完熟トマトに玉ねぎ、ひき肉、月桂樹の葉を加え、丸2日じっくり煮込んでいるのだという。

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2012年1月17日 10時00分

注目の商品