巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

カップヌードルの容器、そもそもなぜ縦型なの?

ライター情報:田幸和歌子
このエントリーをはてなブックマークに追加

原点であり、いまもナンバーワンのカップめんは、この形。

[拡大写真]

様々な形状の容器で、様々な味の商品が存在するカップめん。
今ではどんぶり型や皿型などバリエーション豊かな容器形状があるなか、縦型容器を守り続けているのが、1971年に誕生した世界初のカップめん「カップヌードル」。

そもそもなぜ当初、縦型で発売したのだろうか。日清食品の広報担当者に聞いてみた。
「当社が世界初のインスタントめん、チキンラーメンを発売してから10年が過ぎたころ、国内の袋めん市場は飽和状態となり、創業者の安藤百福は世界にインスタントラーメンを広めるために視察に行くことにしたんです。でも、アメリカのスーパーのバイヤーにチキンラーメンを食べてもらおうとしたとき、日本では当たり前にあるどんぶりとお箸がない。そこで、バイヤーがその場で紙コップとフォークを持って来て食べ始めて、それがヒントになったそうです」

安藤百福氏はそれまで「おいしさに国境はない」と思っていたが、それを見て「越えなければいけない食習慣の壁」に気付いたという。
「そこで、カップに入った商品を作ろうと考え、日本に戻ってから、容器の素材や形状を検討しました。素材では、陶器や金属、紙など、試行錯誤するなかで、当時はまだ魚のトロ箱くらいしか使われていなかった発泡スチロールの『軽くて断熱性も良い』という特徴に目をつけ、アメリカから技術を導入することに。また、形状は、家の中でしか食べられなかったインスタントめんを、いつでもどこでも食べられるように、『片手で持てる』あの縦型容器にしたんですよ」

「カップヌードル」からスタートしたカップめんだが、当初は各社から、同じような縦型容器の商品が多数発売されていたそうだ。

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2012年2月27日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品