巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

いまの子は海外児童文学を読まなくなってるの?

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外児童文学の名作の数々。読んだこと、ありますか?

[拡大写真]

昔は『赤毛のアン』や『若草物語』『あしながおじさん』から、『ふたりのロッテ』『エーミールと探偵たち』『長くつ下のピッピ』『トム・ソーヤーの冒険』『ドリトル先生』シリーズ、『ファーブル昆虫記』『シートン動物記』、さらにはアガサ・クリスティーやエラリー・クイーン、エドガー・アラン・ポー、コナン・ドイルなどの推理ものに至るまで、「読書の入り口」が海外文学だったという人は多いと思う。

でも、今、子どもに本を買うために書店に行くと、かろうじて『赤毛のアン』がある程度で、自分が親しんだような本はあまりない。
実際、小学生のわが子の友達などにも、海外文学を読む子はほとんどいないと聞くし、出版関係者も「海外文学は子どもに全然読まれない」という話をしていた。

いったいなぜなのか。ある編集者は言う。
「かつては海外への憧れが強く、海外の文化を吸収・模倣していましたが、海外が身近になって、憧れる存在ではなくなっているということはあるのでは?」
でも、近年は旅行・留学などで海外に行く若者がずいぶん減っていると聞く。自分の身近なものにしか興味がなくなっているということもあるのだろうか。

また、別の編集者はこんな分析をする。
「私たちが子どもの頃に読んでいたような児童文学は、どんどん絶版になってしまっています。あまり読まれないということもあるでしょうけど、挿画などの著作権料が高いなどの問題もあるのではないかと思います」

かつては海外の児童文学というと、原作とともに使われていた挿画がそのまま日本語翻訳版でも使われていた。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2012年2月28日 10時00分

注目の商品