巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

最近、飲み屋街で流しが復活している!

このエントリーをはてなブックマークに追加

いわば「流し」は、移動カラオケみたいなもの?

[拡大写真]

「流し」といっても知らない人が多いと思うが、「流し」とは、ギターやアコーディオンなどを抱えて、呑み屋でお客のリクエストに応えて音楽を引く人のこと。お店に入って演奏するところが、路上のストリートミュージシャンと似ているようでちょっと違います。
昔は、ちょっとした呑み屋街にいましたが、時代の移り変わりもあってまったく見かけなくなりました。
ところが、新橋で「流し」のギター弾きを見かけた! どうやら、携帯電話であちこちの店に呼び出されて、J-POPやフォークソングなどをギターで演奏しているよう。居合わせたその店でも、酔っ払いがみんなで、アリスの曲を大合唱。そのとき見かけた流しさんに、最近の流し事情などを聞いてみました。
お話を伺ったのは、新橋や上野で活動する“喜44(キヨシ)”さん。

流し歴をはじめた理由を聞いてみると、なんと音楽歴は27年! バンドブームやインディーズを経て、「流しを始めた理由は売れないバンドマンがいろんなバイトをするでしょ?! それです。94年に路上で当時のバンドのオリジナルを演奏してたら、お客さんが来て『君いいね』と言われてそのまま飲み屋に連れていかれたのがきっかけ。そこでリクエストされるまま歌ったら、バブルの名残りもあったてチップをガンガン貰えて嬉しくなっちゃったのが最初」だとか。
最近のお客の年齢層を聞いてみると、だいたいが30~50代の男性が8割。
最近のリクエストの傾向は、「やっぱり震災後は「上を向いて歩こう」や「負けないで」など前向きな歌が多い」そう。
関連キーワード

ライター情報: カシハラ@姐御

広告会社などを経て、フリーランスライター。得意技は、飲酒とビアガーデン制覇。東京ビアガーデン制覇クラブ主宰。「メルマガ・週刊カシハラ」で気になるものを配信中。

2012年2月26日 10時00分

注目の商品