巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

お風呂、正しく入ってますか?

寒い日はこんなのれんに心惹かれます。

[拡大写真]

暦の上では春でも、まだまだ冷え込む季節。

こんな季節はお風呂が恋しい。しかしそのお風呂、適当に入っていないだろうか。

家で起こる事故の大半がふろ場であるという統計もあるそうで、実はふろ場は危険と隣り合わせ。
さらに寒い季節は気温差で事故も増えるシーズンだそう。高齢者の方は特に注意が必要だ。

寒い季節だから、すぐに湯船が冷えるから……と、ついついやってしまうのが熱いお湯を張ってしまうこと。
しかしお湯の理想は40度まで。熱すぎずぬるすぎないお湯にじっくり30分浸かるのが理想だとか。

熱いお風呂に入った時に起こりやすいのが、くらっと目の前がかすむ立ちくらみ。
お医者さんに聞いてみると、これは脳が一時的に酸欠を起こしている状態。
その理由はお湯の温度と入り方にある。
熱いお湯に入ると血圧が上昇。さらによくいう「肩までしっかりお湯に浸かって……」も、実は逆効果。
短時間なら問題はないが、長く浸かると水圧がかかって心臓を圧迫してしまうそうだ。
その結果、血圧が下がり立ちくらみが起きることも。

一番いいのは半身浴。最初は寒いものの、この状態でじっくり温まると、体が中からぽかぽかに。
長い目で見ると一番効率的に体を温める方法だとか。

どうしても寒い場合は「まずは肩までつかり、暖まったら縁に座って足を温め、また冷えたら肩まで……と繰り返すこともおすすめです」とお医者さんはいう。
そしてお風呂に入る前に必ず行いたいのは、かけ湯。「足や手からかけて、だんだん高い場所にかけましょう」

いわゆる「のぼせ」を防ぐのにどうすればいいのか。
関連キーワード

ライター情報: のなかなおみ

いつか山の中に引きこもりたい大阪在住フリーライター。日々、野良猫との遭遇を楽しみに生きてます。

2012年3月3日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品