巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

世界初! くじら・ふぐ・うにを使った醤油

ライター情報:古屋江美子

このエントリーをはてなブックマークに追加

くじら、ふぐ、うにが醤油に!

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

先日、衝撃な味に出会った。うにの味がする醤油、その名も「うに魚醤」だ。

見た目は普通の醤油と変わらないが、鼻を近づけると、うに特有の芳醇な香りがする。ひと舐めしてみれば、うにの味が口いっぱいに広がり、まるでホンモノのうにを食べたと錯覚するほど。これだけで白いご飯が何杯でも食べられそうだ。

それもそのはず。実はこれ、うにの身をそのまま原料に使った、なんとも贅沢な醤油。うにの味がこれだけ前面に出ているのも当然なのだ。

商品を手がけているのは山口県下関市の老舗、ヤマカ醤油株式会社。「うに魚醤」の発売は昨年秋だが、すでに2009年から同シリーズとして、くじらとふぐを原料にした「くじら醤油」と「ふく魚醤」も販売している。

うに、くじら、ふぐ――。どれも、いわずとしれた高級食材だ。それらを使った醤油となると、おそらく世界初。ちなみに「くじら醤油」は香りとコクが豊かで甘さもしっかり。「ふく魚醤」はふぐの淡白な味わいを感じる上品なテイスト。いずれも素材の個性がしっかり活きていることに驚かされる。

ヤマカ醤油株式会社の河村さんに話を聞いた。
「地元下関にある水産大学校の原田教授から、地域資源を使って発酵食品を作りたいという話があったのがきっかけです」
下関といえば、ふぐの名産地。そして、瓶詰うにの発祥地。さらに、かつての捕鯨拠点でもあり、今なお、くじら肉問屋が多い土地柄。そんな背景に加え、原田教授はかねてから魚醤のもつ高い抗酸化能力に注目していたのだという。

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2012年4月16日 07時00分

注目の商品