巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ガチャガチャの値段が2倍になったわけ

あのワクワク感がたまらない。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

硬貨を入れて、ハンドルを回すと、おもちゃの入ったカプセル(カプセルトイ)がでてくる、通称ガチャガチャ。筆者が少年だった頃、「ガシャポン戦士」という、株式会社バンダイのガチャガチャ(バンダイ製はガシャポンと呼ぶ、ガシャポンはバンダイの登録商標)で、塩ビ樹脂でできたガンダムシリーズの人形が流行っており、デパートに行くたびに母親にねだって100円をもらい、全力疾走で販売機に向かったものである。

このガチャガチャ、当時は100円だったのだが、最近の販売機を見ると、値段が200円、300円なのが普通であり、100円のものはほとんど見かけない。「ワンコインで買える」という手軽さが失われて、筆者としては微妙に残念だったりするのだが、ガチャガチャの価格が上がった理由は、何なのだろうか?

一般的に、商品価格が上がる理由の1つに、「原材料費の高騰」が関係することが多いと思われる。カプセルトイには塩化ビニル樹脂などのプラスチックが多く使われるが、プラスチックの価格は原油価格に大きく影響を受ける。原油価格の指標として最も有名なWTI(ウエスト・テキサス・インターメディエート)の原油価格(各年の最終価格)を見ると、1980年には1バレルあたり36.99ドルだったのが、2011年には98.61ドルまで上昇している。ガチャガチャの場合にも、これが関係している可能性はないだろうか。

これに関して、 バンダイの社長室広報チームに改めて問い合わせてみたところ、「原材料の上昇のみが理由というわけではなく、より楽しさをお客様に提供したいと考え、商品ラインナップを広げてきたことによるものです」とのこと。

ライター情報: エクソシスト太郎

フリーライター。好物:巻き寿司、仙台、日之内エミ。

2012年5月5日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品