巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

小学生が設立した会社から、小学生が開発した対戦型カードゲームが発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

これが噂の『ケミストリークエスト』。原子カードを組み合わせて分子を作る。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

以前、「会社を設立し、自身がデザインしたネクタイを発売する女子高生」の取材をさせていただいたことがある。若くして確固たる目標を見つけ、その目標に向かい邁進する姿には美しいものがあった。

そして、またしても新たな情報が! 現在中学1年生の米山維斗君は、小学6年生であった昨年の7月20日に「ケミストリー・クエスト」(神奈川県相模原市)なる会社を設立。そして同年の10月には、カードゲーム『Chemistry Quest ケミストリークエスト』の発売に漕ぎつけたというのだ。

事の経緯はこうだ。小3の頃、学校の同級生が自作の紙製“神経衰弱”を楽しんでいるのを見て「自分でも何かカードゲームを作ってみよう」と思い立った米山君。その際心掛けたのは、「戦うような内容ではないゲームを作りたい」というものであった。
ここで活かされたのは、米山君の知識。実は彼、幼稚園の頃に天文学に興味を持ち、小学2年生で古生物学に熱中するという早熟少年なのである。そして当時の米山君の興味は、「化学」に向いていた。

だからこそ、開発されたのは以下のようなルールのカードゲーム。
まず人数は、1対1の対戦型で行う。カードは計70枚あり、それを2人で半分ずつに。カードには「水素」「酸素」「窒素」などの原子が描かれており、それをお互い3枚ずつ並べる。
そこからジャンケンをして先攻と後攻を決定。ジャンケンで勝った方が相手が並べた原子カードから数枚をもらい、自分の並べた原子カードと組み合わせて分子を作る。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2012年5月11日 07時00分

注目の商品