巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

都道府県の平均バストサイズを表した日本地図

このエントリーをはてなブックマークに追加

岐阜と京都が凄いな。埼玉県は。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

たまに耳にする、「秋田県は美人が多い」とか「山形県には巨乳女性が多い」という風評。あれって、本当か? 思わず、旅したくなるのだが。

こんな思いを馳せていたら、興味深い調査が実施されているのを発見。セクシャルヘルスケアを扱うショップ「エルシーラブコスメティック」は47都道府県の女性(各都道府県50人、計2350人の女性)にバストについてアンケートを行い、各都道府県の平均バストサイズを算出。なんと日本地図にしてくれているのだ!
題して、「平均バストサイズ日本地図」。

こんな日本地図があるだなんて知らなんだ。まずは、刮目の日本地図をご覧いただきたい。各都道府県は、アンケートで最も多かったバストカップで色分けされている。
結果、47都道府県の中でBカップの県が18、Cカップの県が17存在していることが判明。ということは両方合わせて75%弱を占めており、日本人の平均はB~Cカップであると考えられるわけだ。
下着売り場でもこのサイズが一番需要が多いようで、どうやらここら辺が「大きい、小さい」の境界線になるのかもしれない。

続いて、こういう見方はいかがだろう。バストサイズにおける東西比較。「平均バストサイズ日本地図」を東日本と西日本に分け、サイズを確認してみたい。
すると、東日本は約半数がBカップであるのに対し、西日本は半数がCカップであることがわかった。なぜか、西日本の方が少々大きいのだ。
同ショップでは「女性ホルモンの分泌を促すとされているパパイヤやザクロなどは温かい地域でとれるので、食生活に影響があるのでしょうか」と分析している。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2012年5月13日 07時00分

注目の商品