巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

こんなに違う! 各国女性のお風呂事情

ライター情報:古屋江美子
このエントリーをはてなブックマークに追加

NYの女性たちは肌に自信たっぷり!?

[拡大写真]

暑くなってくると、湯船にはつからず、シャワーでさっと済ませる人も増えるだろう。だが、血行がよくなり疲れがとれるなどの理由で、夏でも湯船派は多い。

といっても、それは日本に限った話。日常的に湯船につかる習慣があるのは世界では少数派。当然、お風呂の習慣も国によってかなりちがう。

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 コンシューマー カンパニーが、世界4都市(東京・ニューヨーク・パリ・ソウル)の20~30 代の女性を対象にボディケアに関するアンケートを実施。各国女性のお風呂事情が明らかになった。

まず、バスタイムの過ごし方。東京では「シャワーと湯船の両方」と答えた女性が70%で最多だが、パリ・ニューヨーク・ソウルでは「シャワーのみ」という回答が圧倒的。風呂(またはシャワー)に入るタイミングも、東京・ソウルは「寝る前」、ニューヨーク・パリは「朝起きてすぐ」と答える人が多かった。

なにで体を洗うかもちがう。東京は「ナイロン製のタオル」が44%で1位。次に「手」が23%。「綿のタオル、手ぬぐい」14%と続く。肌に負担をかけないため、手で洗うスタイルも年々ポピュラーになりつつあるようだ。

一方、ニューヨークの1位はなんと「ヘチマ」(43%)。英語でいうと、ベジタブルスポンジ。ナチュラル志向が強いニューヨーカーゆえだろうか。パリでは「手」、ソウルは日本と同じ「ナイロン製のタオル」がトップに挙げられた。ちなみに以前コネタ「アカスリは定期的にやるべきか?」で紹介したように、人によってはナイロン製のタオルを使うと摩擦で皮膚が黒ずんでしまうこともあるようなので注意したい。
関連キーワード

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2012年5月31日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品