巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

シリコンバレーで「お~いお茶」ブームが席巻! 仕掛け人の“侍”を直撃

ライター情報:exciteapps

Facebook本社入口にて。

( 1 / 6 )

[その他の写真を見る]

シリコンバレー、言わずと知れた世界最先端のインターネット企業が密集するエリア。

Apple、Google、 Facebookといった世界を席巻するIT企業が本社を構えるこの地で、今、日本のお茶が大ブームなのをご存知だろうか?

筆者が実際に訪問したEvernote本社オフィスでも、冷蔵庫を開けると「Oi Ocha」が存在感たっぷりに目に入ってきた。そう、日本でも人気の伊藤園のペットボトル緑茶飲料「お~いお茶」である。その横に並ぶのは同じく伊藤園の「TEAS' TEA」という米国向けシリーズ商品。Facebookオフィスの冷蔵庫でも発見。

世界中で何千万人、何億人に使われている今をときめくインターネットサービスが、日本のお茶を片手につくられていたというイイ意味でショッキングなこの状況。一体どういうことだろう?

実はこの普及、情熱的な営業マンの手によって、この約3年の間につくられたのだとか。……では、一体どうやって? 謎は深まるばかり。

シリコンバレーでその仕掛け人である伊藤園の角野賢一さんにお話を聞くことができた。
角野さんは、Manager Sales & Marketing Northern California として、サンフランシスコ及びシリコンバレー周辺エリアを担当している。

――「お~いお茶」や「TEAS' TEA」が今シリコンバレーで流行っていると聞いたのですが、どういった方々に飲まれているんですか?
「おかげさまで、今はEvernote、Google、Facebook、Yahoo!、Twitter、LinkedIn、Quora、Zynga、GREEといったシリコンバレーやサンフランシスコを代表するIT企業で働く社員のみなさまに多く飲んで頂いています」

――一体どうやってその販売ルートを開拓したのでしょうか? そもそも人気があったのですか?
「渡米した当初は、全くコネクションがありませんでしたので、会社名の頭文字をA-Zまで並べたリストをつくって、アポ無しで飛び込み営業をしたりしていました。

ライター情報: exciteapps

スマートフォン専門チーム。四六時中iPhone, iPad, Androidアプリのことを考え、つくり、広め続けている。世界1位を目指して日々奮闘中。

URL:Twitter:@exciteapps

2012年7月20日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品