巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

お酒の前と後で、摂取すべきものは違う?

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

飲み過ぎにはご注意を。

[拡大写真]

お酒の前に二日酔い予防として、ドリンク剤や錠剤を飲む人は多いもの。でも、先日、大酒飲みの人から、こんな気になる説を聞いた。

「ウコンは胃のぜん動運動を助けるからお酒を飲む前が良くて、ヘパリーゼは肝臓の働きを助けるから、お酒の後のほうが良い」

お酒の前と後でとるべき成分って違うものなの?
医療法人社団榎会・榎本クリニックの深間内(ふかまうち)文彦院長に聞いた。

「二日酔いの原因は1つではないので、効果的な対処法も人それぞれです。大切なのは、適量を守ること。暴飲暴食、睡眠不足、冷え、ストレスなどをなくし、日頃から肝臓の働きを高めておくことです」
「これだけとれば大丈夫」という決め手になる方法はないものの、応急処置として、飲酒前と飲酒中、飲酒後にお勧めの成分はあるそうだ。以下にまとめてみたい。

●飲酒前 
 ・ウコン……ウコン(特に秋ウコン)に含まれるクルクミンは、胆汁の分泌を促し、アルコールとアセトアルデヒドの分解を早めると言われている。胃のぜん動運動も助けるため、飲酒前がオススメ。また、飲酒後は早めに飲むのが良いそう
 ・ヘパリーゼ……肝臓の機能を助けるので、飲酒の30分位前に飲むのがオススメ
 ・梅干……クエン酸が肝臓の働きを強化する。
 ・にんにく、かぼちゃ、レバー、お酢を使った料理なども有効
 ・タウリンのアミノ酸サプリ&ドリンク……イカやタコ、牡蛎、アサリなどに多く含まれるタウリンは、肝臓を守る働きがある
 ・柿……柿に含まれるカタラーゼはアルコールの分解を促進し、タンニンは胃粘膜保護作用やアルデヒドの代謝作用がある
 ・牛乳などの乳製品や豆乳……胃の粘膜を保護してくれると言われていたが、胃のぜん動運動を適度に保ち、乳脂肪がアルコールの吸収を遅らせることで肝臓に負担をかけにくいという理由が大きいそう
 ・胃腸薬……胃腸の弱い人は、必要な胃腸薬(胃粘膜保護剤)を事前に飲んでおくのも良い

●飲酒中
 ・枝豆、冷奴、納豆、ピーナッツなどの豆類や豚肉……ビタミン豊富。

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2012年8月13日 07時00分

注目の商品