巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「ジャイアン=良い者、スネ夫=悪者」説に物申す

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイセンスな髪型もまた、特徴のひとつ!?

[拡大写真]

近年、ジャイアンが「本当は頼りになるヤツ」イメージになっているのに対し、スネ夫は「ケチ」「自慢ばかりする」「ずる賢い」「ゴマすり」などなど、とにかくイメージが悪い(コネタ既出)
これは、長編映画などで仲間を裏切る役どころをスネ夫が務めるケースが多いことが少なからず影響しているだろう。

でも、何かと嫌われがちなスネ夫にも、少しは良いところがあるんじゃないだろうか。
そこで、『藤子・F・不二雄大全集 ドラえもん』の1~3巻の中から、スネ夫の良いところを探してみた。

1・歌がうまい
「ジャリッ子のどじまん」というテレビ番組に出演。「うまいなぁ」「かっこよかったわ」などとみんなに言われる(1巻「おいかけテレビ」)。

2・ポジティブシンキング
良いところと言って良いか微妙だが、とにかくポジティブで、自分の顔が大好き。鏡に30分もむかっていたりする(1巻「マル秘 スパイ大作戦」)。ただし、「ただひとつのけってん」は「チビ」と自覚(1巻「手足七本目が三つ」)。

3・理科的発想ができる
SFなどの科学的知識もしばしば見られるが、「ジャガイモとトマト」が「同じなかまの植物だから、つぎ木ができる」なんていう発想力も(1巻「のぞきオバケ」)。

4・情報収集力がある
のび太をみんなでプールに誘い、スネ夫だけが「のび太は行かない」に10円をかける。実はのび太が泳げないことはリサーチ済み(1巻「ソーナルじょう」)。また、ハイキングの前日の天気予報チェックもスネ夫が行っている(2巻「お天気ボックス」)。

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2012年9月5日 07時00分

注目の商品