巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「フタの裏のヨーグルト」、なくなった?

ライター情報:田幸和歌子
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨーグルト、ついていません!

[拡大写真]

ヨーグルトといえば、気になるのは、フタの裏にいつもついてくる分身のようなヨーグルト。そのまま捨てるのもしのびなく、人目を盗んで舐める人もいれば、スプーンでできるだけこそいで食べる人もいる。

でも、先日、4連のビヒダスヨーグルトを食べたとき、フタの裏にいつもあるはずのソレが全くないことに驚いた。
これって実はすごく画期的なことではないか。
なぜついていないのか不思議に思い、フタ裏を指先で触ってみると、少しざらざらしている。猫の舌先みたい。
これっていつからの変化なのだろうか。ビヒダスヨーグルトを販売する森永乳業の広報担当者に聞いた。

「フタを変えたのは、2011年10月からです。フルーツヨーグルトはやわらかいので、どうしてもフタの裏側にヨーグルトがくっついてしまいます。そこで、以前よりお客さまから『開封時、フタについたヨーグルトが手についてしまう』『食後にごみを捨てる際、洗うのが面倒』などのお声をいただいていたため、これらの課題を克服すべく、業界に先駆けて撥水加工された蓋材を導入しました」
実は、最初に製品を出すまでに約1年の時間を要したのだという。
「当社では、2010年2月に初めてアロエヨーグルトの期間限定商品で導入し、2011年10月からビヒダス4ポットタイプでも採用しました。その後、濃い旨ヨーグルトや、これで10種のフルーツヨーグルトなど、他の商品にも順次導入しています」

フタにつかない工夫は、どのような方法で実現したのだろうか。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2012年11月5日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品