巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

PCパーツブランドAMDの萌えキャラが多いワケ

ライター情報:羽石竜示
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフマップ独自のAMD応援キャラ「松風 碧」(左)と「愛真田心」(右)。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

アキバを歩けば萌えキャラにあたる。
東京・秋葉原が萌えの街になってからもう久しいが、以前「Win8の萌えキャラ」で紹介したようにメイド喫茶の萌えメイドさんだけでなく、パソコンのソフトやハードウェアなどに独自の萌えキャラが設定されていたりもする。これってなかなかいいアイデアだと思う。だって殺風景でゴツゴツしたイメージのパソコンパーツが柔らかくて可愛いイメージのキャラによって中和されるようで……。

ところで、AMDって聞いたことありますか。
パソコンの頭脳であるCPUをおもにつくっている米国の会社で、日本法人もあり、パソコンの自作マニアの間で親しまれているブランドだ。そのブランドにはどういうわけか、たくさんの萌えキャラが存在する。「ikina」「愛真田心」「須原初美」「松風 碧」といった複数のキャラがおり、彼女たちはAMD非公式キャラとして発売イベントに登場するだけでなく、普段はネット上で学校に通ったり、おしゃべりしたりもする。

これってどういうことなの?
この流行の中でソフマップ独自のAMD応援キャラ「松風 碧」をつくったソフマップさんに聞いてみた。
「昔からAMDの熱心なファンが多く、AMDの製品が好きなクリエーターの方々が古くはIKINA、最近では愛真田心を作られたようです。AMD学園という舞台で繰り広げられる日常がおもしろおかしく描かれていて(ツイッター・ブログなど)、それが話題となっていましたので、当社(ソフマップ)も秋葉原(この業界)を盛り上げるために松風碧をつくりました。
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2012年12月22日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品