巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

甘辛しょうゆ味でごはんがすすむ、パリで人気の「飯だれ」とは?

ライター情報:野崎 泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

パリの日本食品店「京子 KIOKO」が売り出した「飯だれ(Meshidare)」はフランス人に大人気!
焼き鳥のたれのような甘辛しょうゆ味で、白ごはんにかけて食べる。

[拡大写真]

以前、「今、パリで日本の“bento”がブーム!?」の記事を書いたときに「フランス人は味のしない白いごはんが食べられない人が多いので、皆さんおしょうゆをかけて食べています」と聞いて「へえ~」と思ったことがあったが、そこに目を付けたパリのオペラ座近くにある日本食材店「京子 KIOKO」が「飯だれ(Meshidare)」なる調味料を開発していた。

ラベルには大きく「飯だれ」と書いてあり、画像では見えにくいが白いごはんの上にトロ~リおしょうゆのような褐色の液体をかけている写真があしらわれている。いったい、どのような味がするのか……。

「京子 KIOKO」の責任者・藤本浩次郎さんにお話をうかがってみたところ、2007年頃に発売された商品なのだとか。お店に来店するのは在仏の日本人も多いけれど、「飯だれ」を購入するのは圧倒的にフランス人が多いという。

「パリにある焼き鳥屋さんで見ていますと、フランス人はテーブルに用意されている焼き鳥のたれを白いごはんにかけて喜んで食べていますので、それを見て商品化にいたりました。原材料は醤油、砂糖、みりんだけです」

とのことで、なるほど甘辛しょうゆ味なんですねえ。私も焼き鳥丼は好物だが、白ごはんに「たれだけ」とは、斬新な味覚センスである。ちなみに、値段は5.65ユーロだそうで、日本円に換算すると約630円くらい。国内にいる感覚だとたれに600円以上出すのは高いような気もするが、月に100~150個は動く人気商品なのだとか。
関連キーワード

ライター情報: 野崎 泉

歴史やストーリー、何らかのバックグラウンドのあるものに魅かれます。古本、レトロ建築、喫茶などをテーマに大人の乙女道を追求中。「gris-gris」の編集・発行もしてます。

URL:http://www.underson.com/bibliomania/

2012年12月31日 07時00分

注目の商品