巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「ゴルフボールに描く」ために生まれたペン

描き込むと、打ちやすくなる。

[拡大写真]

私も子供の頃は「自分が大人になったら、ゴルフを楽しんでるんだろうなぁ」と、その姿を頭に描いていた。しかし、やってない。いや、ぶっちゃけ敷居が高いんですよね……。
何しろ、ゴルフは“紳士のスポーツ”。マナーというか、品位を重視するルールがたくさんあるらしいじゃないですか。他の人が打つ時は、物音を立ててはいけない。バンカーでショットを打った後は、砂をならさなければならない。ドレスコードとでも言うべき、TPOに合わせた服装にも気を使わなければならない。きっと、他にもいっぱいあるのだろう。敷居が高そうだ……。

でも、ボールに何かを描き込むのはマナー違反ではない模様。だからこそ、このアイテムが話題です。シヤチハタが11月5日より発売している『ゴルフマスターマーカー』(税込み525円)は、ゴルフボールに直接描き込むことのできるペンだという。

私がゴルフに対し、勝手に抱いている概念を覆すアイテムである。色々と聞いてみたいのだが、まずはこのような商品を開発したきっかけについて尋ねてみた。ちなみにこのペンは当初、東南アジアを中心に発売されていたそうだ。
「当社は日本では印章のイメージが強いですが、海外では筆記具をメインに販売しています。その中には、例えば“濡れたところにも書ける油性マーカー”であったり“フローリングのキズを隠すマーカー”、“タイルの目地を白く塗るマーカー”などがあります。そんな中『ゴルフボールにマーキングするペンが欲しい』という要望がお客様から届き、今回の商品化に至りました」(同社・担当者)

いや、“ゴルフ素人”の私にはまだわからない。どうして、ゴルフボールにマーキングしたいのだろうか……?
「十字ラインを描くことで目標に直角に構えやすくなり、矢印を描くことでパターの方向が定めやすくなります。また、マイマークを描いて自分のボールかを判別するのにも役立ちます」(担当者)
なるほど、説明を聞くと合点がいきました!

ところで、だ。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。
好物=局アナ、篠田麻里子

Twitter:@T_joujouka
Facebook:寺西ジャジューカ

2013年1月9日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品