巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ピンクの服着て、いじめをなくす!? 「ピンク・シャツデー」って何?

ライター情報:山下敦子

2月27日は「Pink shirt day(ピンクシャツの日)」
写真提供:バンクーバー経済新聞

[拡大写真]

2月27日は「Pink shirt day(ピンクシャツの日)」。
カナダでは2月の最終水曜日を「いじめ反対の日」に掲げ、国を揚げてピンク色のシャツを着て、いじめ撲滅を訴える活動を行っている。今ではカナダ全土、イギリス、アメリカなど、世界75カ国に広まりをみせる「ピンク・シャツデー」運動だが、もとは2人の少年の「勇気」から始まった。バンクーバー経済新聞のMio Sherさんに話を聞いた。

2007年、カナダのノバ・スコシア州の男子高校生がピンク色のポロシャツを着ていたというだけで、上級生から「ホモ」などとからかわれ、暴力などのいじめを受けた。それを知った2人の男子生徒が、ディスカウントショップでピンク色のシャツを50着ほど購入し、クラスメートにシャツを着るようにメールで依頼。翌朝、学校に行ってみると、そのメッセージは直接連絡をしなかった生徒にも伝えられ、校内はピンクのシャツや小物を身に着けた生徒であふれ、それ以来、その生徒に対するいじめはなくなった。「少年の行動は、いじめの否を直接説き伏せたりすることもなく、自然発生的な力でいじめを止めさせる結果となり、大きな社会現象を起こしました」(Sherさん)。

ラジオなどメディアを通して同運動が広まり、ピンク・シャツデーのフェイスブック上には、個人や職場での参加表明の写真や、有名人らのいじめエピソードなども掲載され、活動は国境を越え年々広がりをみせている。

ライター情報: 山下敦子

映画字幕編集職を経て現在はフリーランスライター。カナダ滞在歴約5年。現在は大阪を拠点に活動し時々海外逃亡。

URL:http://www.geishaonthego.com/

2013年2月7日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品