巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

2月12日「ブラの日」に、ブラジャー100年の歴史を振り返る

ワコールの前身「和江商事」から発売された『ブラパット』。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

2月の記念日といえば、何がある? 言うまでもなく、思い浮かぶのはあの日。2月14日は「バレンタインデー」であります。
しかし、その2日前も忘れちゃいけない。皆さん、「ブラの日」ってご存知ですか? アメリカ人女性であるメアリー・フェルブス・ジェイコブさんが、ブラジャーの原型となるものを考案し、特許を申請した日が2月12日だったそうなんです。

そして来年は、ブラジャー生誕100周年にあたるという。めでたい! そんな栄えある記念イヤーを間近に控え、ワコールが「日本のブラジャーの歴史」をまとめてくれております。
こちらを参考に、ちょっと皆さんと振り返っていきましょうか。

■ ブラジャーが誕生するまで
バストを覆う衣類の起源は紀元前3000年中期に遡るといわれ、当時はバストを覆うのではなく、乳房が垂れ下がらないようにアンダーバストを下から支えるベルト状のものであったと伝えられています。
その後、バストを押さえつけ小さく見せ、身体の女性的特徴を隠すという禁欲的意味合いを持つ時代などを経て、1914年2月12日、アメリカのメアリー・フェルブス・ジェイコブ氏が「BRASSIERE(ブラジャー)」で特許を申請。それまで肩ひもがないためズレ落ちたり、着け心地が不安定だった「バスト・ガードル」と呼ばれていたものに肩ひもをつけ、定位置にぴったり安定するようになった現代のブラジャーの原型的なものと言われています。

■ 日本のブラジャーブームの火付け役『ブラパット』
日本では、昭和初期の1929年代に「乳房バンド」が誕生。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2013年2月12日 15時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品