巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

IT企業が鎌倉に集まる”カマコンバレー”化とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

鎌倉のWEBサイト制作会社「村式」の代表取締役・住吉優さん。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

鎌倉といえば、「古都」「歴史」「伝統」。――そんなイメージが真っ先に思い浮かぶ読者も多いのではないだろうか。実際、鎌倉には歴史を感じる寺社や名所が多くあり、「武家の古都 鎌倉」として、世界文化遺産の登録も目指している(鎌倉の世界文化遺産登録に関して、現職の松尾崇鎌倉市長に取材を行った「世界遺産登録で鎌倉はどうなるの? 鎌倉市長に聞いてみた」もぜひご覧ください)。

そんな鎌倉にいま、時代の先端を行くIT企業が続々と集まっているのだという。そして、アメリカのIT企業の一大拠点「シリコンバレー」を模して、鎌倉の“カマコンバレー”化、などとも呼ばれるようになっているらしい。

なぜ、IT企業が鎌倉に集まっているのか。なぜ、IT企業は鎌倉を選ぶのか。そして、“カマコンバレー”は今後どのようになっていくのか。鎌倉のIT企業のひとつ、「村式株式会社」の代表取締役・住吉優さんにお話をうかがった。

鶴岡八幡宮に程近い場所にオフィスを構える、村式。「でもここは、本社じゃないんですよ」と住吉さん。ああ、なるほど。やっぱり、本社は東京とか、大都市なんかにあるんですね?

「いえ、本社も鎌倉にあります。北鎌倉駅近くの古民家を、本社にしているんです」と住吉さんは教えてくれた。古民家がオフィス! その発想は、鎌倉らしくもあり、斬新さや自由さに、IT企業らしさも感じられる。

村式は、2006年の創業。東京の目白で産声をあげた。そして、翌年に鎌倉へと移転する。

ライター情報: 木村吉貴/studio woofoo

木村文章店店主。鎌倉を拠点にライター・コピーライター・作家として活動中。

URL:http://www.studio-woofoo.net/

2013年2月28日 08時00分

注目の商品