巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

まるで植物園! ユニークすぎるシンガポールの新ホテル

ライター情報:古屋江美子

都会の真ん中にいながら緑に癒される新しいスタイルのホテルが誕生!

( 1 / 6 )

[その他の写真を見る]

次々に新しいレジャースポットやホテルがオープンしているシンガポール。ここ数年、日本人訪問者も増えている。理由のひとつには、日本のCMにも使われたホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」への興味もあるようだが、もちろんユニークなホテルはそれだけじゃない。

今、現地で話題になっている最新ホテルといえば、今年の1月中旬にオープンしたばかりの「パークロイヤル オン ピッカリング(PARKROYAL on Pickering)」。すでにアメリカの経済誌『フォーブス』で“未来ホテル”なんて紹介されたり、シンガポール在住日本人向けフリーペーパーの表紙を飾ったりと、あちこちで話題になっている。

そういえば、取材時、ホテルへ向かうのにタクシーを利用したのだが、行き先を告げた途端、
「いやー、このホテルにお客さん乗せていくの初めてなんですよ!!」
と明らかに運転手さんのテンションが上がっていた。

同ホテルのコンセプトは「ホテル・イン・ザ・ガーデン(庭園の中にあるホテル)」。デザインを手がけたのは、シンガポールを拠点に世界的に活躍する建築家ユニット「WOHA」。ビルからニョキョニョキと木々が生えているユニークな外観は遠くからでも目立つが、中に入るとさらにそのコンセプトを強く実感できる。

それもそのはず、同ホテルの緑の面積は1万5,000平方メートル。なんとこれ、人が歩く部分の面積の2倍にも相当するのだ。4階建てのスカイガーデン(空中庭園)、壁面の一部に植栽を施したバーチカル・ガーデン(垂直庭園)、プランターを配したバルコニーなど、とにかく緑だらけ。
関連キーワード

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2013年3月11日 07時30分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品