巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

研究者に「おそろしく退屈なゲーム」と評された斎藤さんのPCゲームって?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲーム研究者に「おそろしく退屈なゲーム」と評されたゲーム「風呂」。ぬるかったり、水量が少なかったりすると「風呂の達人」に怒られる。(作:斎藤公輔さん)

( 1 / 4 )

[その他の写真を見る]

ゲーム研究者に「おそろしく退屈なゲーム」と評されたPCゲームがある。そのゲームの名前はズバリ「風呂」。作った人は斎藤公輔さん。ん?この名前ってどこかで聞いたことがあるような…。そう、以前、エキサイトニュースBitコネタで紹介した、アマゾンの箱を全種類めざして集めている“あの”斎藤さんである。早速、筆者は再び大阪の斎藤さんの元へ。果たして「おそろしく退屈なゲーム」とはどんなゲームなのか。お話を伺った。

――まさか、「風呂」のゲームを作ったのが斎藤さんだったとは!そもそも「風呂」って、どういうゲームなんですか?
「一言で言ってしまえば、お風呂のお湯を沸かすシミュレーションゲームです」

――お湯を沸かすゲーム!?
「まずは浴槽に水を入れるんですけど、30分くらい待たないといけないんです。タイミングを外したりすると水が溢れるので、常に様子をみておかないといけません。それから風呂を沸かしはじめまして、20分ほど経ったところで風呂を沸かすのを止めます」

字面にして読むと、フツーに風呂を沸かす時の動作の手順ではないか。
「浴槽から水が溢れたり、風呂を沸かしすぎて熱湯にしてしまったらゲームオーバーです。ゲーム中では“風呂の達人”が『そろそろ止めてもいいころじゃないでしょうか』といった具合でアドバイスしてくれます」

――“風呂の達人”!?
「お湯を沸かし終わると、『風呂の達人』が湯加減に応じて、『これはいいお湯ですね』とか『ぬるい!』とか、『こんなものに入れるか!』と怒ったりします!」

――さすが達人!スパルタですね(笑)。
関連キーワード

ライター情報: やきそばかおる

テレビやカルチャーにまつわる雑誌や書籍の仕事に携わったり、動物の写真を撮ったり、焼きそばを作ったり、消しゴムはんこを彫ったり……の楽しい毎日です。

URL:https://twitter.com/yakisoba_kaoru

2013年3月28日 07時30分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品