巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

算数って今になって解けますか?

算数といえばリンゴのイメージ。確かに分数が鬼門でした。

[拡大写真]

春になって、新しいことを始めたい季節。いろいろな候補はあるけれど、算数や数学に再チャレンジしてみるのはいかがだろうか。

誰にでもできる、とバカにはできない。それが算数・数学。
「一番苦手な教科は算数」と、答える子供はいつの時代もかなり多い。そんな子供が大人になっても、やはり苦手意識は克服できないままのはず。

子供に教える機会が増えた親世代や、就職・転職組。いろいろな理由があるが最近、算数に対する注目度があがってきている。
自力で算数ドリルを解いたり、スマートフォンのアプリで遊びながら学んでみたり。さらには大人のための算数・数学塾まであるそうなのだ。

東京で“大人のための楽しい数学教室”を開かれている、和(なごみ)さんにお話を伺ってみた。

こちらの塾生の平均年齢は30〜40代。
一番人気のカリキュラムを伺うと、
「高校数学は多くの方が受講されています。数学を活用した仕事であれば最低限知っておくべきですし、学び直しとしても手ごたえを感じる分野です」
しかしその前に、学んでおきたいのが基礎の算数。就職、転職などのSPI対策目的なら、算数から学び始める人も多いそうだ。

そんな算数の中でも一番多くの人がつまずくのが、分数。
「分数から比・割合などの考え方を身につけていけば、仕事で役立つ数字の扱い方、考え方は大体押さえることができます。役立つ実感を少しずつ手にすることで、モチベーションにもつながります」

しかしいざ解こうとしても、やり方をすっかり忘れている人も多い。
関連キーワード

ライター情報: のなかなおみ

いつか山の中に引きこもりたい大阪在住フリーライター。日々、野良猫との遭遇を楽しみに生きてます。

2013年5月15日 07時30分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品