巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

滋賀県の名産、飛び出し坊やの元祖「とび太くん」が世界進出?!

ライター情報:山下敦子

バヌアツ共和国にとびたった、とび太くん (写真提供:Mahorova)

( 1 / 6 )

[その他の写真を見る]

とび太くんは、いつもさりげなくそこにいる。のどかな田園や信号のない通学路など、主張しすぎることはないが、ドライバーに向けて芸人なみにキレのあるポーズで「子どもやお年寄りによる飛び出し注意」を訴える。滋賀県内に関わらず大きなお目目で「運転、気をつけて」と強烈にアピールする、いじらしいとび太くんを見たことがある人も多いだろう。

地域によってさまざまな絵柄の飛び出し注意を促す看板があるが、滋賀県のとび太くんは、飛び出し坊やの元祖だという。車の交通量が急激に増えた高度経済成長期に、滋賀県旧八日市市(現・東近江市)の社会福祉協議会が中心となって、急増していた子どもの飛び出し事故を未然に防ごうと、看板製作業の久田工芸・代表者久田泰平さんに依頼。1973年、久田さんの手でとび太くんが考案され、県内に広まったという。

イラストレーターのみうらじゅん氏によると、「とび太くんこそが、現在主流となっている飛び出し坊やの元祖だ」として、「0系」と命名している。また、滋賀県は飛び出し坊や設置数が全国一を誇るのだそうだ。そんなとび太くんが、ドバイやインドなど海外でも発見されているという……。滋賀県のとび太くんが、なぜ世界へ?疑問は深まる。

とび太くんグッズを製造販売する「まほろば製作所』の代表、川村潤市さんに話を聞いた。まず、とび太くんが滋賀県の名産だとは露知らず。滋賀県民は、昔から日常生活に溶けこむ「とび太くん」の存在をあえて意識していなかったのかもしれないが、とび太くんはいまや若者に人気の複合型書店「ヴィレッジヴァンガード」(滋賀県内と大阪市内の一部店舗のみ)で、グッズが販売されるなどじわじわと勢力を拡大している。

ライター情報: 山下敦子

映画字幕編集職を経て現在はフリーランスライター。カナダ滞在歴約5年。現在は大阪を拠点に活動し時々海外逃亡。

URL:http://www.geishaonthego.com/

2013年5月30日 07時30分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品