巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

プロの写真家に聞く!素敵なネコ写真の撮り方!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ネコと歩けば」岩合光昭 (写真)/ 辰巳出版

( 1 / 4 )

[その他の写真を見る]

「ヤダ、なにこのもっふり感……!」表紙を目にした瞬間、そのもっふり感とキョトンとした表情にやられ、即日お持ち帰りをしてしまった写真集がある。辰巳出版から出版されている写真家岩合光昭さんの「ネコと歩けば」という写真集だ。

この表紙のネコちゃん、その名も「ちゃめこさん」というらしく現在もご健在だそうだ。ちゃめこって。とんでもなくお茶目な名前じゃないか。そんなかわいいネコが他にもたくさん掲載された写真集は、雑誌「猫びより」の連載『岩合光昭の猫』をまとめたものだそうだ。

雑誌では他にも多数のネコちゃんを掲載していたそうだが、写真集を出すに当たって写真を選定したらしい。掲載する写真を決めた点について、編集者の山口さんにインタビューをしてみた。

「かわいいだけではなく、ネコが持つ美しさやたくましさ、そして、日本の原風景の中にそっとネコがまぎれこんでいる美しさを知っていただけたらと思い、それを基準に選びました。後は、ネコ好きな方ならお馴染みの「田代島」の震災前の貴重な写真をできる限り掲載したいと考え、表紙周りや目次、奥付も田代島のネコたちを掲載しました」

日本の原風景もそうだが、ネコのいる風景はとても美しいと個人的に思う。ネコはいつも、気づけば側にいて何かを激しく主張することもなく、邪魔することもなくその場の雰囲気や空気に自然に入り込み、景色の一部になると思うからだ。

ネコのいる風景は美しい、そう思う人が多いかは分らないがこの写真集を見たことがきっかけであったり、実際に街中を歩いてネコを見かけたら、写真を撮ってみたい! と思う人は案外多くいるかもしれない。
関連キーワード

ライター情報: 梶原みのり/eBookJapan

本とお酒とネコをこよなく愛す、世界平和連盟会長かつ全世界運動音痴連盟会長。迸る愛と笑わずにはいられない男性遍歴で世界を魅了中。

URL:http://boox.jp/

2013年6月5日 07時30分

注目の商品