巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ドラゴンボールが欧米で支持されている意外な理由が判明

このエントリーをはてなブックマークに追加

わりと完成度が高い

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

「バトルの王道と言えば?」と訊かれれば、真っ先に「ドラゴンボール」と答える人は多いだろう。ゲームで言えば「ドラゴンクエスト」だろうか。これはどちらも漫画家・鳥山明氏が携わっていることは周知の事実だ。

現在では「ワンピース」、「ナルト」、「ブリーチ」など数多のバトル漫画が日本の漫画業界の頂点に君臨しているが、そもそもの発端はドラゴンボールと言っても過言ではない。

このドランゴンボールは世界で大流行したことは知っているだろうか。アメリカ、南米、ヨーロッパと世界に名を轟かし、一躍漫画ブームの火付け役となった。一方、現在の若者の間では「ドランゴンボールって中身が薄いし、バトルの王道で飽きる」という、筆者からすると非常に残念な声もしばしば日本で囁かれている。

しかし、アメリカやヨーロッパではドラゴンボールのストーリーはかなり斬新だったのをご存じだろうか?それは彼らにとっては今までのアニメ、歴史観を180度覆すほどのことだったのだ。

アメリカとヨーロッパのこれまでの漫画や歴史人物が題材になった物語を見てみると、ある1つの共通点が垣間見える。それは「英雄物語」だ。
ジュリアス・シーザー、ジャンヌ・ダルク、アーサーなどは勝手知ったる人物だ。漫画で言えばバットマン、スーパーマン、スパイダーマンなどが該当するだろう。これらは1人の主人公が悪者を叩きのめすという、いわゆるヒーロー漫画だ。

対してドラゴンボールを見てみよう。

ライター情報: 古川悠紀/studio woofoo

東南アジアを周遊の後、ベトナムホーチミンへ移住。現在はトラベルライターとして執筆、取材、写真撮影を請け負っています。海外のスパイシーな情報をお届けします。

2013年8月9日 07時00分

注目の商品