巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

今ふたたびカセットテープが注目される理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

6月にリリースされた、DJ CAT FOOD「猫飯」カセットテープ。猫型のパッケージは、ひとつひとつ手作業で切り抜かれたもの

[拡大写真]

「CDが売れない時代」と言われるようになって久しい音楽業界。そんな中、国内外のインディーズシーンで密かに、カセットテープでのリリースが増えているという話を聞きつけた。

カセットテープ……80年代生まれの私にとっては、ノスタルジーを呼び起こすワードのひとつ。家族で「しーっ!」と言い合いながら息をひそめてテレビの音を録音したことや、CDをダビングしているときに、残り時間であと1曲ぎりぎり入るかどうかというときの緊張感などなど……みなさんもカセットテープにまつわる懐かしい思い出があるのでは?

そんなカセットテープ世代としては、リリースが増えているというのは、なぜだか理由もなく嬉しくなるニュース。けれど、実際にカセットテープで音源を出すことの良さって、どんなところなんでしょう? そこで、現在カセットリリースに力を入れているというインディーズレーベル「ZOMBIE FOREVER」オーナーの森幸司さんに聞いてみました。「なぜ今、カセットテープなんですか?」


「僕も80年代生まれで、カセットテープはいちばん愛着があるメディアなんです」と語り始めた森さん。彼の運営する「ZOMBIE FOREVER」は山形を拠点とするレーベル。地元のいい音楽を全国に伝えたいという思いから、以前はCDを全国流通していたそう。

「自主流通するところから始めて、大手レコード店への流通までこぎ着けたんですが……本当に届けたいところに届いてないんじゃないか? という違和感が生まれ始めて」。
関連キーワード

2013年8月24日 07時00分

注目の商品