巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

1

今年フランスではキラキラしていない名前が人気

ライター情報:加藤亨延

米国では男児1位がジェイコブ、女児1位はソフィア、フランスで男児1位だったネイサン(ナタン)は10位圏外、女児の1位だったエマは2位だった(米社会保障庁2012年調べ)

[拡大写真]

フランスの親は子供にどのような名前を付けたがるのか。日本では男児が「蓮」、女児は「結衣」がもっとも人気ある名前(明治安田生命保険『生まれ年別の名前調査 2012年』)だ。またキラキラネームと呼ばれる、漫画やアニメ、ゲームの登場人物や外国人名に当て字した難読な名前もしばしば話題に上るが、フランスでは昔ながらの名前が今年のトレンドだ。

仏名付け本『オフィシエル・デ・プレノン 2014』によれば、男児の1〜10位はナタン(Nathan)、ルカ(Lucas)、レオ(Leo)、ガブリエル(Gabriel)、ティメオ(Timeo)、エンゾ(Enzo)、ルイ(Louis)、ラファエル(Raphael)、アルチュール(Arthur)、ユゴー(hugo)の順、女児の1〜10位はエマ(Emma)、ロラ(Lola)、クロエ(Chloe)、イネス(Ines)、レア(Lea)、マノン(Manon)、ジャッド(Jade)、ルイーズ(Louise)、レナ(Lena)、リナ(Lina)だそうだ。

男児はガブリエル、ラファエル、アダム(Adam)、ノア(Noah)など旧約聖書に登場する名前に人気が集まる一方で、ティメオやテオ(Theo)など末尾に母音が重なる名前も善戦する。女児は復古調が好まれ、加えてロラ、レア、レナ、ローナ(Louna)、リナ(Lina)など、「L」から始まり「A」で終わる名前も多く付けられている。

南部が仏語圏である隣国ベルギーと比べてみよう。
関連キーワード

ライター情報: 加藤亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。主な取材テーマは比較文化、および社会、政治。取材等での渡航国数は約60カ国。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。『地球の歩き方』フランス/パリ特派員ブログ

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2013年10月28日 07時00分

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    うちの子にXavier(グザヴィエ)とつけようとしたら「そんな古臭いのヘンだ」と却下された。古典的な名前とはいっても、それなりに流行はあるのでは。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品