巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

おいしいだけじゃない!きのこの魅力に迫る。気付けばあなたも菌友?

『きのこ文学ワンダーランド 絵本、コミック、アート、グッズ、クッキングまで、きのこの魅力もりだくさん! 』飯沢耕太郎 (監修) / 玉木えみ (イラスト)

( 1 / 4 )

[その他の写真を見る]

きのこのおいしい季節になってきた。ちょっと醤油をたらして焼いてもいいし、バター炒めも魅力的だ。炊きこみご飯なんかも素敵だ。が、きのこの魅力は「おいしい」だけではないのだ。

スーパーなどで見かけるきのこは地味なものが多いが、自然界には赤や黄色など色鮮やかなきのこも数多くあり、あの丸っとしたフォルムもあいまって大変キュートなのだ。アクセサリーや、デザインのモチーフなどにもよく使われていて、そういったファッションの中にかくれたきのこを探すのが私の趣味でもある。

と、まぁ、だいたいこのような話をすると不思議なものを見る目で見られたものだが、最近はどうも風向きが違うらしい。巷では、写真展や展示会などのイベントが開催され、きのこを扱った書籍やグッズなども増え、いつになくきのこが注目されているようなのだ。きのこ好きな女性を「きのこ女子」などとも表現するらしい。

「きのこ女子」の端くれとして、このビッグウェーブに乗らないわけにはいかない。きのこの魅力を伝えるために立ち上がろう!と決意した私が手に取ったのが『きのこ文学ワンダーランド』(DU BOOKS)だ。きのこが登場する書籍の紹介がメインではあるのだが、料理やアート、グッズなど、きのこの魅力をぎゅぎゅっと詰め込んだ一冊になっている。

それもそのはず、「監修を務めてくださった飯沢耕太郎さんは『きのこ文学研究家』として知られていますが、飯沢さんの『菌友』を中心に、きのこを愛する方々が、きのこ入門者に向けて、それぞれのきのこ愛をプレゼンした1冊とも言えます」と、本書の編集を担当した筒井さんは教えてくれた。
関連キーワード

ライター情報: 会田芽穂/eBookJapan

本が好き。傾向は探偵、妖怪、青春、剣と刀。視力は良いがメガネ好き。カメラが好きなので撮影もします。

URL:http://boox.jp/

2013年11月1日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品