巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

『のり弁愛好家』竹田あきら氏の『のり弁哲学』と、美味しい『のり弁』とは?

『おいしいのり弁当』(京王百貨店 新宿店) 竹田さん「ホントに美味しいです」

( 1 / 5 )

[その他の写真を見る]

不動の人気を誇る『のり弁』。大手チェーン『ほっともっと』の人気ランキングでは常に上位に入っているという。そんな中、さまざまなのり弁を紹介した『のり弁大捜査線』(竹田あきら著:版元ひとり)が発行された。そういえば、のり弁についてじっくりと考えたことはなかったなぁ~と思いつつ、色々なのり弁を食べた竹田さんにお話を伺った。

●のり弁のココが素晴らしい!

まずは、のり弁の素晴らしさを再確認すべく、竹田さんに挙げていただいた。
・例えば『ほっかほっか亭』ののり弁当は290円といった感じで、安い!
・おまけに、美味しくてカロリーもとれて、コストパフォーマンスが良い!
・会議や友達同士の集まりなどで、何か弁当を注文したいと思った時に、幕の内弁当だと高めだけど、のり弁なら文句が出ない!

竹田さん曰く「子どもがお子さまランチを食べると喜びますが、のり弁はいわば『大人のお子さまランチ』と言っても過言ではないでしょう!」

●『のり弁』と『のり弁当』の違い

のり弁の素晴らしさは分かったが、竹田さんは、なぜ、食べるだけでなく、『のり弁大捜査線』を発行しようと思ったのだろう?
「ある日、のり弁当について考えていて、『ご飯に海苔が乗っていればのり弁なのか』という疑問が生じたことから始まったんです。例えば、からあげが10個入っている弁当のご飯に海苔が敷いてあったら、それは『のり弁』といえるのか?『からあげ弁当』のご飯に海苔が敷いてあるだけのことではなのか?のり弁って、漠然としたイメージはあっても、『これがのり弁だ』という定義がありません。
関連キーワード

ライター情報: やきそばかおる

テレビやカルチャーにまつわる雑誌や書籍の仕事に携わったり、動物の写真を撮ったり、焼きそばを作ったり、消しゴムはんこを彫ったり……の楽しい毎日です。

URL:https://twitter.com/yakisoba_kaoru

2013年11月26日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品